BLOG

Webサイトをブランディングすることの価値

2015.04.05  Wrote by Takuro Nakayama

ガーリー素材-I-無料フリーイラスト素材配布サイト---http___girlysozai.com_

 

Webサイトは企業の情報発信メディア

 

クラウドットの中山です。

みなさんはブランドの商品を買うとき、そのブランドのどんな情報を持っているでしょうか?

そのブランドに対する広い認知性と、ブランドから発信される一貫したメッセージ、口コミによる評判などの情報があり、更にそれに対する共感があるので、そのブランドを認識し、商品を選択しているのではないでしょうか?

今や情報はスパイラル的に波及し、拡散するため、企業は自社のブランドやサービスの情報を正確にマーケットや消費者に伝える必要が有ります。

 

 

ブランドの価値は、そのブランドが発信する情報量と質の蓄積により決まると言われています。つまりサービスや商品そのものの質ではなく、ブランドというのは情報量がその価値を左右するというわけです。

 

Webサイトは企業がもてる独自のメディアです。

しかも一方通行ではなく、UX(ユーザーエクスペリエンス)やSNS連携により、ユーザーからの反応を得て、情報を分析することも可能です。

 

 

 

長期的な視点での戦略が重要

ただWebサイトを作ってもユーザーが増えることはまずありません。

集客のための長期的視点での戦略をたてる必要があります。

 

その手法として外部メディアサイトに露出したり、PPC広告や検索エンジン対策などを行うわけですが、インターネット上でユーザーを獲得するにはこのように外部サービスサイトからの動線を考えることが重要になりますし、サービスや商品をPRするためには、長期的な戦略を元に一貫した情報を提供する必要があります。

 

もしユーザーがそれに共感するのであれば、そのサービスや商品は消費者の心に残り、ブランド評価につながることになります。

 

ですから、企業理念に基づいたWebサイトのブランディングおよびマーケティングは、そのプロセスは長期的なものであり、ブランドの評判を築くには積極的なWebマーケティングへの取り組みが必要です。

 

 

Webサイト制作ではデザインやインタラクティブ要素だけではなく、シンプルにユーザーに伝えたいメッセージを一貫して発信し続ける必要があります。

 

またそれだけではなく、今インターネットでのサービスや商品に対する評価を知らなければ、ビジネスに直結するネガティブな情報により顧客を失うことになりかねません。

 

Webサイトを活用しブランディングすると共に、ブランドを守る為のあらゆる施策をおこなうことにより、長期的にそのブランドを消費者やマーケットに知覚させることが出来ます。

その他の記事を見る