BLOG

競合に絶対勝てるコンテンツを制作する方法

2016.04.29  Wrote by Ryoya Inukai

Untitled2

 

Webサイトに掲載するコンテンツの制作方法はいくつもあります。

 

1. 自社の強み・アピールポイントを前面に押し出しての制作
2. 先行してWebサイトを公開している競合を分析・調査しての制作
3. 顧客動向の調査、アンケートの実施などによっての制作

 

などなど、上記以外にも色々な制作方法があると思います。

昨今のWeb業界ではPDCAを回し、サイト運用をしながらのコンテンツ制作が基本かとは思います。

ですが。。。

サイトオープンの段階でも競合に勝てるコンテンツの制作が出来れば、無駄な労力を省けると思いませんか?

サイトオープンの段階で売上が上がるコンテンツの制作が出来れば、運用費を広告費に回せると思いませんか?

そのような訳で、今回は『競合に絶対勝てるコンテンツを制作する方法』(多分ね)をご紹介したいと思います。

 

 

まずは顧客分析で市場機会を調査

自社の商品・サービスを求める顧客はどんなニーズを持っているかを調査します。

検索やアンケート取ってみると、意外なニーズが発掘出来るかもしれません。

 

同時に不満・不安・不便に思っている事も調査します。

顧客のマイナスな気持ちを解決する事で市場機会の増加に繋がるためです。

 

 

直接競合・間接競合の調査

自社と同じような商品・サービスを提供している企業が保有しているコンテンツの洗い出しをします。

自社のが勝っている部分、自社では勝てない部分が見えてきて、勝負所が把握できます。

また、商品・サービスにとっての間接競合も洗い出しておく事が必要です。

*間接競合とは:直接顧客が被る訳ではないですが、ニーズを元に顧客が行動を取った場合、市場機会が被る競合

 

 

自社情報の洗い出し

自社の企業理念や経営戦略を元にしたマーケティング戦略、強み、商品展開、サービスや予算はもとより、弱みまでを全て洗い出します。

 

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223

 

社内でワークショップをやってみると多くの情報を得る事が出来ます。

 

 

コンテンツ立案

ここまでやってやっと競合に勝てるコンテンツをロジカルに生み出す事が可能になります。

お気づきの方も多いかとは思いますが、上記で行った事は3C分析になります。

分析結果をそれぞれに書き出してみます。

 

スクリーンショット 2016-04-20 20.12.44

 

 

競合に勝てるコンテンツが見えてきましたね。

 

ここをメインコンテンツとしてサイト設計を行い、その他の顧客ニーズを埋めれば顧客ニーズを満たし、且つ、競合に絶対勝てるサイトが制作可能になります。

また、自社では提供出来ない=将来提供・制作すべきコンテンツも見えてくるので、

 

当面のサイト運用にも困らないかと思います。

 

今回、『絶対』という言葉を使用しましたが、『ブランディングがしっかり出来ているかどうか』

要はここが重要になってきます。

サイト制作のその前に、まずはしっかりとしたブランディングから行ってみてはどうでしょう?

 

クラウドット株式会社は松本市近郊はもちろん都内・中京・関西に至るお客様の集客のお手伝いをしています。

ぜひお声がけください。

 

 

その他の記事を見る