BLOG

子供のために図鑑を選んで思ったこと

2016.08.25  Wrote by Izumi Oikawa

elly20160628465420_TP_V

 

及川です。

仕事を初めて4か月が過ぎました。

電話も慣れてきましたが、まだまだ覚えることは沢山な毎日です。

 

今回は育児での事を少し・・・

 

 

 

子供に図鑑を選ぶ

息子が9月で2歳半になりますが、言葉をいろいろ覚えてきたり、虫の名前を覚えたりと、集団生活で刺激を受けてます。

 

新幹線や電車以外の物で興味が出てきた今、チャンスだと思い、「図鑑」を買ってみました。

実は私、図書館司書の資格を持っていたりするのです。

どんなものが息子には良いのか、いろいろ悩みながら選んだ図鑑。

 

 

『みぢかなかんさつ図鑑』総監修 大久保茂徳

 

 

ちょっと早いけど、見るだけで良いならちょうどいい図鑑。

 

寝る前に必ず見るようになりました。

見せたときは「?」っていう反応でしたが、自分の知っている虫、食べ物、動物が出てくると「あっ!アリしゃんだ!」と良い反応を見せてくれました。

知っている物しか今は見ませんが、「カエルしゃんどこかな?あったね~」と自分で探す姿を見れるようになった私は、満足です。

 

探して見つけた、という嬉しさをこれから知っていこう。

次は、その図鑑に載っている虫などを探す事を教えたいと思っていますが、それはまだまだ先です。

 

自分で見つけて、調べて、そこからどうするか。

これは子供だけではなく、私たち大人も一緒です。

調べて終わってしまう人もいるし、その先に進む人もいます。

 

いろんな選択があります。

 

自分の理想を子供に推し付けるわけではないですが「調べてみたい」「やってみたい」という気持ちが芽生えたら、否定せずにやらせてあげたいなと思います。

 

そんな私は、最近何か資格を取ってみようかな、と考えてるところです。

挑戦する気持ち、思うだけで終わらないようにしたいと思います。

その他の記事を見る