BLOG

【クリエイター必見!】仕掛けを凝らしたファッションショー動画まとめ

2016.09.26  Wrote by Ryoya Inukai

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-18-39-10

 

プレタポルテ(既製服)を各ブランドが発表する場であるコレクション(ファッションショー)は世界の主要な国々で行われています。

ここ日本でも世界4大コレクションの次席に位置づけられた東京コレクション(JAPAN FASHION WEEK)が毎年、春と秋に開催されています。

2017S/S seasonよりアマゾンジャパンがスポンサーなった東京コレクション。

今回は10/17〜10/23の開催が予定されています。

基本的には招待客(バイヤー・プレスetc…)しか入場が出来ないのですが、USTREAMで配信されているため、リアルタイムでの閲覧が可能になっています。

また、YouTubeではコレクションの動画は勿論、デザイナーへのインタビュー、メイキング映像などが公開され、より身近なものになってきています。

 

次々にトレンドを生み出し、文化を作り上げるクリエティブな場所であるコレクションは、1回ショーを開催するだけでも1000万円以上のお金がかかります。

決して大きな会社とは言えない各ブランドにとっては1回1回が大勝負になってきます。

今回はそんな大勝負な動画をまとめました。

興味が無い方でも、見てて面白いクリエイティブな動画を選んでみたので、ぜひご覧下さい。

 

ANREALAGE 2016 S/S COLLECTION

2016年春夏コレクションのテーマは「REFLECT」。

ストロボなどの光を反射し、一瞬にして色や柄が現れるという再帰性反射を応用した特殊な素材を全アイテムに使用しています。

観客はヘッドフォンを着用しスマートフォンの画面越しに見るなど、現実と非現実、日常と非日常が交差するショー。

サウンドディレクションはサカナクション山口一郎、音源の制作はAOKI takamasaが手がけ、臨場感のあるバイノーラル音源が使用されています。

*ヘッドフォンやイヤフォン着用で体験が可能です。

【参照】アンリアレイジ 2016年春夏コレクション – 反射を用いてリアルとバーチャルの狭間にアプローチ
 

NOZOMI ISHIGURO Haute Couture 2014-2015 A/W COLLECTION

渋さ知らズとコラボし発表されたコレクション。

ショーモデル、パフォーマーが入り乱れたノゾミらしいコレクションになっています。

これは生で見たかった・・・

 

 

【参照】ノゾミイシグロ オートクチュール 2014-15年秋冬コレクション 渋さ知らズとコラボでショー

 

HENRIK VIBSKOV SPRING SUMMER 2015

毎回凝った仕掛けとその世界観が注目されるHenrik Vibskov。

中央の水たまりではダンサーが華麗に舞い、ランウェイを見ればいいのか、パフォーマンスを見ればいいのか、目のやり場に困ります。

 

 

まとめ

世界観を表現出来るかどうかは、メゾンのアイデアと演出家の腕次第。

半年間苦しみ抜いて生み出したコレクションは時には震える程の感動をもたらしてくれます。

普段来ている服をもっと愛するために、生み出された瞬間を体験する事から始めてみませんか?

その他の記事を見る