BLOG

【格言】師走だからこそ #急がば回れ

2016.12.11  Wrote by Sumiyoshi Yoshii

(画像引用:運転免許相談所

 

長野県内を中心にITサポートをしています吉井です。

長野県の移動手段には車が不可欠ですが、先月免許の更新がありしばらくぶりで “GOLD” で戻ってきました。長かったなー!!

絶対手放さないようにこれからも注意して運転したいと思っています。

 

特に年末は運転手も歩行者も急ぎがちなので事故や違反には気を付けたいです。

 

(画像引用:Wikipedia

 

先月(2016年11月)はオフィスのある松本から南木曽町方面(そのすぐ先は岐阜県中津川市)へ3度ほど行ったのですが、国道19号南方面には3ヶ所、北方面で2ヶ所+監視区域のオービス設置看板の表示がありました。

塩尻 ⇔木曽間は「木曽高速」と呼ばれる道路で、特に大型トラックが80㎞前後で素人運転者を煽ってくる区間です。そんなところで煽られてレーダーに引っ掛かっては損です。

 

(画像引用:Cnet木曽

 

長野県内では12月の一ヶ月間年末の交通安全運動がもう始まっていますが、それと共に取り締まり強化が予想されます。スピード違反、運転中の携帯使用、一時停止、信号無視等、急いでいて気付いたらやっていた、なんてヒヤリハット的なこともあると思います。

違反キップを切られ反則金を払うのも嫌ですがなによりも事故を起こさないように一年間通して無事に過ごしたいですね。

 

忙しい時だからこそ余裕を持ったスケジュールと行動をしたいものだと思います。”急がば回れ”ということわざの通りです。

 

いそがばまわれ

急がば回れとは、急いで物事をなしとげようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だということ。(故事ことわざ辞典より

 

 

良いことも悪いことも結局そのまま自分自身に返ってくるのですから。

また師走の忙しいこの時期だからこそ”急がば回れ”。

この言葉を思い返してはいかがでしょうか?

その他の記事を見る