BLOG

オフィスに猫が必要な3つの理由

2016.12.11  Wrote by Takiko Hanaishi

こんにちは。FABBコーディネーターの花石です。

みなさんは、犬派ですか?猫派ですか?

ペットフード協会の年次推計によれば、平成27年の調査では全国の推計飼育頭数は犬が991万7千頭、猫が987万4千頭。猫の頭数は前年とほぼ同じで、犬の頭数は減少傾向にあるそうです。猫の頭数調査結果には外猫(外で飼っている猫)の数は含まれていないので外猫を含めたら猫を飼っている方が上回っているかもしれませんね。

 

sima2

 

猫を飼う方が増えてきて、雑貨や書籍など猫グッズもあふれてきてはいますが、猫好きとしては、まだまだ猫の良さが伝わっていない!

そこで、オフィスに猫が必要な理由を調べてみました。

 

1.適度な距離間は猫に学べ

猫は単独行動を好むため、一定の縄張りを守って生活します。

複数で飼っていても、リーダー的な存在はありません。

もちろん、人に対しても同じで、例え飼い主であってもリーダーとは認識していません。

 

仕事に集中していると「遊んで~」と邪魔をしてきますが、満足すると勝手に遊ぶのをやめたり、気持ちよさそうに撫でられていたのに急に噛んできたりするので「きまぐれなヤツ!」と思うかもしれませんが、猫には猫なりの理由があります。

 

それは、寂しがり屋で甘えん坊だから。

飼い主さんが仕事に集中していると寂しくなったり、撫でられるのは好きでも撫でてほしい場所にこだわりがあったり飽きっぽかったりします。

誰かに気を遣うわけでもなく、媚びるわけでもなく、自分のペースを大事にする点は見習いたいです。

 

2.ストレスを感じたら猫に癒してもらおう

猫のリラックスした姿やご機嫌なときに鳴らす「ゴロゴロ」という音を聞くことで不安や緊張を和らげる効果があるそうです。

フランスでは猫のゴロゴロ音に関する本が出版されいたり、「ゴロゴロセラピー」という自然治癒法を提案している獣医師もいて、ストレスをなだめる強い効果があり、免疫力を上げる副作用のない薬とまで言われているそうです。

効果は人によって違いはあると思いますが、もふもふした猫がゴロゴロと音を出しながらすり寄ってきたら癒されますよね。

こんな格好で寝ている姿を見るだけでも癒されませんか。

ちなみにこの子はうちのシマです。

 

しま猫

 

3.暖かい場所は猫に教えてもらおう

これからますます寒くなる信州。

暖房をつけていてもオフィスの中は暖かい場所とそうでないところがあります。

特に足元は冷え性対策は欠かせません。

もし席が固定でなければ、冷え性の方は猫のいる席に移動することをおすすめします。

猫は平均体温が38度ほどあり寒さに敏感です。さらに、体温調整が苦手なので、自分の身を守るために一番適温である場所を選んでいます。昔から家の中で猫が寝ている場所が一番快適だと言われているのはそのためです。

 

猫から見れば、指が動いて遊んでいるように見え、ファンから暖かい風が出てくるパソコンの上が一番のお気に入りなのかもしれませんが。

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-hira86_mbakey

 

猫の良さは伝わったでしょうか。

その日の気分で席を変えたい猫派さんにはコワーキングスペースはおすすめですよ。

猫はいませんが。

  

その他の記事を見る