BLOG

アクセスポイントとDNSとNTP(BUFFALOのWHR-G301N使用)

2017.01.31  Wrote by Yuki Kitahara

 

こんにちは。ITサポートスタッフの北原です。

長野県内全域を訪問サポートしております。

 

今回はアクセスポイント機器のDNS設定について少しお話をしようかと思います。

先日お客様から無線LAN機器のトラブルのご連絡があり訪問致しました。しかし今回の本題はトラブル自体ではなく切り分けに必要な情報でして。

今回は画面例としてBUFFALOのWHR-G301Nを使用しています。
(※掲載画像は再現環境ですので日付や設定など厳密では有りませんがご容赦ください)

 

NTP機能が動いていない?

一先ずアクセスポイントのログを確認したところ以下のような画面に。
 

 

おや、日付があってない。

本来は “2017/mm/dd” となってないとマズいです。

これではいつ何が起きたのか判別しづらいですね。

これは明らかにNTPサーバーへのアクセスができていない状態。

NTP(Network Time Protocol)とは、機械の時刻合わせを自分で「今何時何分だから」と手入力しなくてもインターネットの向こうから正確な時刻を自動取得してくれる仕組み。
 

管理画面を見ると設定はされているようですが…

 

原因はDHCP機能の設定不足

原因はここ。
 

 

IPを固定したにも関わらずデフォルトゲートウェイとDNSサーバーの設定がされていないのが問題です。
ブリッジモードでIPアドレスを固定した場合、上記が未設定でも接続した端末(PC等)からは通信はできてしまうため、エンドユーザーからは問題が無いように見えます。

しかし、HDCPサーバーを参照しなくなることで、機器自身はデフォルトゲートウェイDNSサーバーのアドレスが取得できず、当該アクセスポイント自身の中からのDNSの名前解決や通信ができない状態になってしまうわけです。

これをちゃんと指定してあげれば…
 

 

ちゃんと時間がとれます。
 

 

ちなみに名前解決ができないわけなので、DNSサーバー未指定の場合でもデフォルトゲートウェイだけ設定してNTPサーバーをIPアドレスで指定してあげれば時刻は取れます。

わざわざそんなことする状況は少ないでしょうけれども。

 

まとめ

今回のようなトラブルが発生するケースはあまりないかもしれません。
起こりうるとすれば、例えば

  • 簡単なネットワークを組んでいるだけで、量販店で買ってきた無線LANルーターを管理用にIP固定だけし、ほぼ初期設定のまま使用しているような場合
  • 専任のネットワーク管理者がおらず、設置してみたもののネットワークの仕組みがよくわからない
    といったような場合は該当する可能性があるでしょうか。

…。
書いていて「案外あるんじゃないかな?」と思ったり。
(いや、でもIP固定するような環境ならよっぽど気づくでしょけど…?)

不安な方はトラブル発生時に初めてログ画面をひらいて泣く前に、一度確認してみてはいかがでしょうか。

その他の記事を見る