fbpx

BLOG

【English Salon】効果があった英語勉強法 ー発音編②ー

2016.05.16  Wrote by Momoka Ezure

ぶろぐ1

えづれです。

 

今月も効果のあった英語の勉強法についてご紹介させていただきます。

 

発音編ということで前回に引き続き発音のコツについてざっくりとご説明させていただきたいと思います!
 
 
 

前回のおさらい

●英語のリズムに慣れることは、発音だけでなくリスニングのスキルアップに効果的!
●ポイントはアクセント!つまり、強弱とはやさ。
●鍵になるフレーズは、「強く」「ゆっくり」発音されている。

 

はい。

アクセントのコツを少しおさえるだけで格段に「英語っぽさ」に近づくことができるといった内容でした。

 
 
 

子音でつける英語のリズム

前回はとりあえず考えないようにしていた子音ですが、今回はまず英語における「子音」の大切さについてご説明したいと思います。

 

 

 

母音は落ちても大丈夫

英語に比べて、日本語は子音が小さいんです。

以前読んだ本によりますと、日本語はsyllable-timed languageと呼ばれるそうで、音節ごとに拍を置くタイプの言語のようです。

 

ありがとう、は5文字であり、5拍ですよね。

 

英語などはstress-timed languageと呼ばれ、文の強勢の場所にしたがって拍をカウントします。

 

Thank youは8文字ですが、2拍ですよね。

この際日本語では母音をしっかり発音しますが、英語では子音がちゃんと聞こえれば、母音は落ちてしまっても大丈夫なんです

 

カタカナ英語に聞こえてしまう理由の多くは、日本語の特性に倣って母音を全部発音してしまうためであると感じます。

 

躊躇なく不必要な母音を抜いていくことを心がけてください。

この二種類を比べてみますと、アクセントの置き場所以外にも重要なポイントがあります。

 

それは子音の占める割合です。

英語のように強勢をつけるためには、速さと勢いが大事になってくるのですが、そこで子音の出し方が決め手になってくるわけです。

そのために必要な子音力を養っていきましょう。

 
 
 

顔の前でティッシュを持ってみる

さきほど例に出した、「Thank you」という単語で練習してみたいと思います。

 

まず、顔の前でティッシュを持って、「ありがとう」といってみてください。
割と大きな声を出さないと、ティッシュはそんなに動かないと思います。
(「と」の音でフワっとする人は子音力が高め!)

それでは、顔の前でティッシュを持って「Thank you」と言ってみてください。


なに!?ティッシュがそのまま?!?
サンキュウ、っていってませんか?

Thank youの Th の勢いでティッシュをフワっとさせるまで今日のおやつは食べちゃダメです。

修行がたりません。

そのおやつをわたしにください。

日本語の「さ」の音では、ティッシュをフワッとさせるのは難しいですよ。
 
 
 

Thank you のth部分の発音のコツ

あまり細かく子音について解説していると一年くらいかかりそうなので、今回はこのthおよび破裂音系の発音のコツのみにとどめますが、こんなインチキ解説よりももっとちゃんと知りたい方やすべての子音を網羅したい方はぜひyoutubeなどで「英語 発音」などのキーワードで調べてみてください

ぶっちゃけこの記事より役に立つ動画がわんさか出てきます。

thを発音する際は、よく歯を舌に挟むとか言うじゃないですか。別に挟まなくてもいいです!!!

 

挟んでもいいのですが、難しいなあという方は、前歯の裏に舌をつけて息を吐いて「スーー」みたいな音を出せばいいんでありまth。

Thankのaですが、アではありません。割とカタカナの「エ」の音に近いと思います。

thエんキュー

って感じです。
「thエん」までが1拍、「キュー」が2拍目です。「ん」は跳び箱の前によくあるあの板だと思ってください。

てかこれ、文字だけで伝えるのって難しくないですか!?なんだかすいません。

おいおい〜ネイティブの人でもThでティッシュがフワっとしないよ〜〜
なんていう苦情を寄せてくる人もいるかもしれません。

 

しかし!普段日本語しか使っていない人は圧倒的に子音のパワー不足の人が多いのです。

th, t, b, p, s, dなどの勢いのある子音を発音する際は、すごい勢いでティッシュをフワっとさせる!!!!

 

という勢いで発音してください!

ツバが飛んでも構いません。

 

そうすることで、普段意識しない「子音力」を鍛えることができますよ!
(勢い系の子音でも、dやsはわりと難しかったです。ティッシュが飛びにくい子音もありますが、いろいろ研究してみてください。)

ということで、みなさんもぜひ勢いのある子音を見つけたら、目の前のティッシュをフワっとさせる練習をしてみてください。

 

子音力で勢いをつけよ!

スゥ






This is a pen!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 

今回のポイント

不要な母音を抜いて、脱カタカナ英語
目の前のティッシュをフワっとさせる勢いで子音を発音せよ

  

その他の記事を見る