BLOG

タイへ旅行するなら、「パーイ」をオススメしたい5つの理由

2019.05.22  Wrote by Kento Momoase

  

こんにちわ。
暇さえあれば旅行に行きたい百瀬です。
GWは10連休を利用してタイの穴場スポットパーイという村に行ってまいりました!

パーイとは、バンコクから北へ行き、チェンマイから更に北へ行った、ミャンマーとの国境付近にある小さい村です。

そのパーイという村がいかに「オアシス」だったか・・・
行く人々を沈没させると噂の村の、その秘密を紹介していこうと思います!!

 

パーイへの行き方

まず、パーイへの行き方です。
方法はいくつかありますが、チェンマイからマイクロバスで行くのが最もメジャーです。
それが最も安く、速く行ける方法です!
ただ、700を超えるカーブを有する山道を3~4時間ひたすら走り続けるので、酔いやすい方はご注意ください!
僕は比較的強い酔い止め薬を飲み、その副作用で眠っていたので気づいたら到着していました〜(笑)

 

チケット売り場はチェンマイバスターミナル2の本館の奥にある
「赤い小さい建物」です。
150B(約517円)で片道のチケットを買うことができます。※2019年5月20日現在

それではいよいよ、タイの楽園パーイの魅力について話していこうと思います!

 

パーイをオススメする5つの理由

1.手間がかかる

えっ!それが良いところ?!って思いますよね。
しかしちゃんと理由があります。

僕の経験上、旅行の醍醐味は経験だと思います。
経験が知識になり、思い出になります。
簡単に手に入ってしまい、簡単に見れてしまう景色は、記憶に残りづらく、あまり特別感も感じられません。
少し手間がかかるからこそ、手に入れた時の達成感や感情は、気持ちを高ぶらせます。
そんなちょっとの手間がパーイの観光地にはあります。

例えば、パーイ・キャニオンは市街地からバイクで20分ほどのところにあり、
良い景色を見るには横が崖の細い道を歩いていく必要があります。
このような手間を乗り越えて見る景色からは、
見たり聞いたりなどの知覚を超えた不思議な感覚を味わうことができます。

この感覚こそが僕を旅好きたらしめる一つの原因であります。(笑)

 

2.自然と人間が共存している

パーイには人を穏やかにする力があります。
それはなんでかということを考えたのですが、
「ここに争う理由が何もないから」ではないかという簡単な結論に至りました。

少し歩くと川の中で無邪気に遊ぶ子供たちがいます。
歩道を象に乗りながら進む青年がいます。
親切な原住民がいます。美味しい料理があります。
無理にものを買わせたがる店員さんもいません。
一人一人が生命力に溢れながらも穏やかに生きている様子を見るとまるでのようだなとさえ思います。

電車や高層ビルや高性能な家電など、便利と呼ばれるものは多くないですが、
人がのびのびと生きていくのに必要なものは全部揃っているなと感じました。

 

3.日本人があまりいない

日本人が周りにいないということは不安な部分もありますが、
「旅をしている」ということを強く感じるチャンスでもあります。

パーイでよく見かけたのは欧米人、またはタイ人でした。
日本人観光客はあまり見かけません。

旅行というのは、非日常的な時間です。
どうせなら日本にいるときの日常の「自分」をお休みして、
何者でもない「個」としての「自分」を見つめ直す期間にしてもいいかもしれません。

また夜の街に出かけると、国際的な友達を作るきっかけにもなります。
パーイの人は周りの人にとても関心があり気軽に話しかけてきてくれます。
たまに強引な時もありますが(笑)

 

4.芸術が至るところに溢れている

パーイを歩いてると、色々なところで壁に絵が描かれているのを目撃します。

おしゃれなお店も多いです。

トイレの看板一つにもセンスを感じます

生活と芸術の距離が近いことは素敵なことです。
日々を遊ぶように、感性に従って生きているのが伺えます。

日本での人々の生活にとって、芸術は後回しにされがちです。
まずお金や物などの物質を揃えることを第一に優先している場面が多く見られます。
芸術が人間の心に物質ではない満足感や幸福感、達成感を与えるなら、
我々は生活にもっとなんでもないアートを取り入れてもいいのかもしれません。

 

 

5.香ばしい香り

タイはどこへ行ってもそうですが、料理が美味しいです。
またアルコール類も日本より安く売っています。
夜、タイのビールを飲みながら屋台で食べるタイ料理は格別です!

これはフライドヌードルという料理です。(約60B)

パッタイと似ていますが、少し違いました。

 

まとめ

パーイの魅力について長々と語ってきました!
ここまでお付き合いいただきありがとうございます!
もしパーイに行くことがあれば衛生面や貴重品に注意して、充実したパーイライフを満喫してください!
百聞は一見に如かずと言いますが、僕もまだ見ぬ綺麗な景色をみに、これからも色々な場所に行ってみたいと思います。
続く・・・

その他の記事を見る