BLOG

サイト分析にこれだけは知っておきたい!Googleアナリティクス用語まとめ

2019.07.01  Wrote by Ayako Kitahara

Googleアナリティクス用語まとめ

かれこれ3年以上アナリティクスとにらめっこしている、北原です。

 

サイト分析にGoogleアナリティクスは欠かせませんが、アナリティクスをじーーっと眺めていてもサイトを分析することはできません。

まず用語の意味を理解して、その上でアナリティクスのデータを分析していくことが重要です。

ここでは、アナリティクス用語を理解することを目標に記事を書いて行きます!

 

「Googleアナリティクスってなに?」

という方は、1分で理解できる!初めてのグーグルアナリティクスで抑えるべき3つのポイントを先にお読みください!

 

Googleアナリティクス用語まとめ

Googleアナリティクスの用語はたくさんあります。まずは、一番基本的なユーザーサマリーの中に出てくる用語を見てみましょう。

ユーザーサマリーは、左の人型のアイコンである「オーディエンス」内の「概要」をクリックすると見ることができます。

Googleアナリティクス用語まとめ

すると、以下のような「ユーザー」「セッション」などの用語が出てくるので、この説明を一つずついたします。

Googleアナリティクス用語まとめ

ユーザー

ユーザーとは、あなたのサイトを訪れた「人」の数です。人の単位で計測するので、一人の人がたくさんのページを見たとしてもカウントされるのは「1」のみ。

 

ユーザー数を増やすためには、新しい人にサイトに訪問してもらう必要があります。

 

ページビュー数(PV数)

ページビュー数はよく、「PV数」と略されますね。

サイト内で読まれたページ数のことを言います。

ユーザーの興味の持ちそうな関連する記事を読んでもらうことで、このPV数がアップします。

訪問したサイトは一度に何ページも読まれることが多いのでこの数字は他よりも大きくなりやすいです。

セッション

セッションとは、リピーターを含めた訪問数のこと。ユーザーがあなたのサイトを訪問してから離脱するまでの数字で、「30分」の間にユーザーがどんな行動をとるのかが計測されるのです。

例えば、ユーザーが訪問した時点でセッション数「1」。別のページを読んでもセッション数「1」。

ただし別のサイトに移動した後、30分以上経った後にもう一度あなたのサイトに戻ってきた場合は、セッション数が「2」とカウントされます。

 

ページ/セッション

ページビュー数をセッション数で割った数字です。

 

平均セッション時間

平均セッション時間とは、ユーザーがサイトを訪問し、滞在した時間の平均ということです。

長ければ長いほど、よく読まれるサイトとして評価されます。

 

直帰率

直帰率は、サイトを訪問した人が別のページも見ずにすぐに「閉じる」「×」ボタンを押して直帰してしまう率のこと。

訪問してみて「欲しい内容がない」と判断されたり、逆に「内容に満足した」という気持ちになった場合に直帰率が高くなります。

一般的には直帰率が低いほうが良いと言われますが、一概に”直帰率が高いと悪い”とも言い切れないのです。

 

 

「チャネル」の意味を知って訪問される経路を知ろう

次に、デフォルトチャンネルグループ内のチャネルを見て見ましょう。

チャネルは、Webサイトに訪れるまでの経路なので、どこからの流入が多いか・少ないかが今後のサイト運営の参考になります。

 

チャネルは左側の「集客」→「概要」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」で見ることができます。

Googleアナリティクス用語まとめ

 

Organic Search(オーガニック)

オーガニックは、 Google・Yahooなどの検索エンジンからサイトに訪問した人の数です。ほとんどのアクセスは検索エンジンから来るので、必然的にオーガニックが一番大きい数字になりますね。

 

direct(ダイレクト)

ダイレクトとは「直接」を意味します。

つまり、ブックマークやRSSリーダー経由で訪れた人、メールやチャットに貼られたURLから訪問した人がダイレクトとしてカウントされます。

 

referral(リフェラル)

主にSNSに貼られたリンクから訪れた人たちのことです。SNSだけでなく、他のサイトでリンクが紹介され、そこから訪れたとき、リフェラルになるという考え方です。

 

not provided

GoogleユーザーがGoogle検索をした場合のキーワードは「not provided」と表示されます。

理由は、Googleがユーザーのプライバシーを守る目的でSSLで通信を暗号化しているため。この暗号化があるため、どんなキーワードでサイトに訪れたのか?など、詳しい検索キーワードがわからなくなっています。

 

Paid Search(有料検索)

グーグル広告などのリスティング広告の経由でサイトに訪れた人は「Paid Search(有料検索)」としてカウントされます。

 

Social

ソーシャルメディア(SNS)からの流入で、TwitterやFacebook、Instagramなどからの流入がここに含まれます。

 

Display

Yahooのリスティング広告(YDN)やGoogle広告の中でもディスプレイ広告(画像のついた広告)からの訪問。

 

Email

メルマガ(メールマガジン)などからの流入。

 

Affiliates

アフィリエイト広告からの流入。

 

Other

その他の流入。

 

Other Advertising

その他の広告からの流入。

 

まとめ

Googleアナリティクス用語をまとめました。

上記の用語をまず知っていれば、アナリティクスを見たときに自分のサイトにどこから訪問され、どれだけの人にどれだけの時間見られているか分析することができます。

少しでもたくさんの人にサイトに訪問してもらい、たくさんの時間読んでもらうためにも、アナリティクスを分析し、サイト改善に繋げて行きましょう!

 

  

その他の記事を見る