BLOG

動画マーケティング統計から知る驚くべき真実

2019.09.22  Wrote by Takuro Nakayama

いよいよ5G時代へ!ファクトから捉える動画市場

YoutubeやTikTokなどの広がりで、動画というのが無視できないマーケティングツールになってきていることを多くの人も気付いていることだと思います。5Gのプレ運用が各キャリアで始まっており、本格的に動画がより身近にそして便利なツールになろうとしています。そこで多くの企業が動画運用を検討されていることでしょう。

Google検索においても検索結果にYoutube動画が表示されますし、FacebookやInstagramのストーリーズは若年層を中心にコミュニケーションツールとして圧倒的に利用率が伸びていると言われています。Twitterにおいても動画広告の比率が高くなっており、動画マーケティングは広告運用においてすでに主流になっています。

 

動画マーケティングのビジネス効果

今回、動画マーケティングにおける統計数字をまとめた記事を翻訳してみましたが、動画マーケティングの力は印象的です。従来のマスメディアやオンラインマーケティングチャネルの市場シェアを侵略し。あらゆる規模の企業がこのマーケティングチャネルを無視することができなくなっていることが明らかです。

Web同様、動画で効果を上げるためにはターゲットに合わせた配信チャネルの選定から効果測定から改善までのPDCAを回し続けることが重要になります。そこで動画マーケティングにおける「FACT」を押さえておくのは重要です。全ての数字が新しいわけではなないですが、少なくとも傾向や流れは捉えることができると思います。

まだ動画マーケティングを運用されていない企業の方は、ビジネスメリットがあるかどうかをこの機会にご検討ください。

 

130以上の動画マーケティング統計、事実、傾向

画像参照:https://idearocketanimation.com

 

一般的な(衝撃的な)動画マーケティング統計と事実

  • 世界で毎日25%の人がオンライン動画を見ている。
  • すべてのオンラインアクティビティの3分の1が動画の視聴に費やされている。
  • 65%のユーザーが動画の3/4以上を視聴している。
  • 米国のインターネットユーザーの87%がオンライン動画を視聴している。
  • 1か月でアップロードされる動画コンテンツは、30年以内に米国の3つの主要テレビネットワークを合わせて制作したものを超えている。
  • すべてのインターネットユーザーの45.5%が 1か月に少なくとも1つのオンライン動画を視聴している。
  • 平均的なインターネットユーザーは、1か月以内に平均32.2本の動画に視聴している。
  • 視聴者の45%は1分以内に動画の視聴を停止する。
  • 視聴者の60%は2分以内に動画の視聴を停止する。
  • 動画がすぐにロードされない場合、5人のうち4人のユーザーは待たずにクリックして離脱する。80%のユーザーは、すぐに動画が読み込まれる場合にのみ視聴する。

 

YouTube動画統計

  • YouTubeには10億を超えるユーザーがいる。これは、すべてのインターネットユーザーのほぼ3分の1。
  • YouTubeはWebで2番目に大きな検索エンジン。
  • 400時間の動画が 1分ごとにYouTubeにアップロードされている。
  • YouTubeの動画は、米国のケーブルネットワークに比べて18〜34歳と18〜49歳の世代にリーチしている。
  • YouTubeは、米国で最も人気のあるオンライン動画プロパティ(2018年3月)。
  • YouTubeユーザーは、1か月、平均300億時間以上の動画を視聴している。
  • YouTubeユーザーは、毎日、1億時間の動画を視聴している。
  • YouTubeの視聴の80%は米国外からのもの。
  • YouTubeでの動画視聴の割合は、モバイルデバイスからが50%以上。
  • YouTubeでの平均的な モバイル視聴セッションは40分以上。
  • モバイルユーザーの62%がYouTubeで動画を発見している。
  • 買い物客の25%は、店内で検討している商品に関連する動画を検索するためにYouTubeを使用している。
  • YouTubeの動画の16%は、火曜日の午前11時から午後1時までにリンク、共有、埋め込まれている。
  • ミレニアル世代の67%は、学びたいすべてのYouTube動画を見つけることができる。
  • 人々の60%は、ライブテレビよりもオンライン動画プラットフォーム(YouTubeなど)を選んでいる。
  • 1ヶ月に18〜49歳の80%がYouTubeを視聴している。
  • YouTubeのテレビでの時間は、前年比で倍以上になった。(2018年3月)
  • YouTubeは76の異なる言語バージョンで利用できる。(これはインターネット人口全体の95%をカバーしている)。
  • 「ハウツー」検索は、YouTubeで前年比70%増加している。
  • マーケティング担当者の78.8%は、YouTubeを動画マーケティングの最も効果的なプラットフォームと考えている。
  • YouTube広告が増えている。現在、これらは米国でのすべてのオンライン動画広告支出の27%を占めている。
  • その上、マーケティング担当者の62%が2018年に予算をさらに増やす予定です。
  • したがって、YouTubeの広告収入も増加している。
  • YouTubeのトップ10広告は、2017年に5億3900万回の再生(14時間の視聴時間)と360万件のいいね!を得た。
  • 2017年から2018年の間に、YouTubeで宣伝する中小企業の総数は2倍に増加した。
  • テレビ広告は45%のユーザーから注目されていますが、YouTubeでのモバイル広告は62%のユーザーから注目を集めている。
  • YouTube モバイル広告(有料)は、テレビ広告に比べて84%注目を集める可能性がある。
  • テレビ視聴者の73%は、テレビ広告の量に失望している。これはYouTube広告には当てはまらない。
  • 広告中のテレビ視聴者は、モバイルYouTube視聴者よりもマルチタスクが多い。
  • 現在、YouTube広告の95%は音声で再生可能、93%は動画視聴可能。広告は音声と動画の両方で再生できる場合に最良の結果を得られる。
  • YouTube広告の95%は、サウンドをオンにして視聴されている。

 

Facebook動画統計

  • Facebookユーザーは、1日あたり80億の動画ビューを生成。
  • 毎日5億人以上が1億時間以上の動画をFacebook上で視聴している。
  • Facebook動画の85%がミュートモードで視聴されている。
  • ページのほぼ半分(47%)がFacebookに動画を投稿していない。
  • LocoWiseが実施した調査では、12のブランドがすべての動画の46%をFacebookにアップロードした。
  • Facebookでは、平均して動画の3分の1しか視聴していない。
  • Facebookページの41.3%が、Facebookの有料広告で動画を宣伝している。
  • 予期せず大きな音が自動再生されると、 ユーザーの80%が怒り、動画(および公開ブランド)に否定的に反応する。
  • Facebookユーザーのほぼ半数は、コンピューターに比べてスマートフォンで動画を見る方が簡単だと感じている。
  • ユーザーの3分の1は、お気に入りのブランドのロゴを見ることで、スクロールを止めて動画を見ることができると認めている。
  • 5分の1の動画が、現在Facebookでライブ放送されている。
  • Facebookのライブ動画の視聴時間は3倍になる。

 

モバイル動画マーケティングの統計と事実

  • モバイル動画の消費量は毎年100%増加している。
  • 2015年のモバイル動画ビューは、デスクトップビューよりも6倍速く成長しました。
  • ブラウザで動画を視聴するユーザーは18%のみ。
  • モバイルユーザーの48%がモバイルアプリを使用して動画を視聴している。
  • モバイルユーザーの33%がソーシャルメディアを通じて動画を視聴している。
  • モバイルユーザーの20%が検索を通して動画を視聴している。
  • モバイルユーザーのたった14%が広告を通じて動画を視聴している。
  • モバイル動画の予算は急速に増加している(2014〜2015年で18%)。
  • モバイルショッパーは、デスクトップショッパーと比較して、動画を見る可能性が3倍高い。
  • 動画はすべてのモバイルトラフィックの50%以上を占め、2021年までにすべてのモバイルトラフィックの70%を占めるようになる。

 

マーケティング担当者向けのビデオマーケティングおよびビデオ広告統計

  • 動画視聴者は、非視聴者よりも製品を購入する可能性が1.81倍高い。
  • ユーザーの80%が動画を視聴するが、コンテンツを完全に閲覧するユーザーは20%のみ。
  • 動画は、製品またはサービスに対するユーザーの理解を74%高める傾向がある。
  • インターネットユーザーの90%は、製品またはサービスに関する動画が決定を下すのに役立つと考えている。
  • 動画は、ランディングページのコンバージョンを最大80%増加させる。
  • ランディングページの画像の代わりに動画を使用すると、コンバージョンが12.62%増加する。
  • 動画を使用するマーケティング担当者は、他のマーケティング担当者より49%速く収益を伸ばす。
  • マーケティング担当者の82%が、動画マーケティングがビジネスにプラスの影響を与えていることを確認した。
  • 電子メール内の動画は、クリック率(CTR)を2倍または3倍にします。
  • 動画により、電子メールマーケティングキャンペーンの効果が51%向上する。
  • ホームページの動画は、コンバージョン率を20%以上も高める。
  • 経営幹部の75%が少なくとも週に1回、ビジネスWebサイトで仕事関連の動画を視聴している。
  • 経営幹部の65%が少なくとも週に1回、Webサイトにアクセスしている。
  • 経営幹部の39%が少なくとも週に1回、動画を見た後にベンダーに電話をかけている。
  • エグゼクティブの59%は、テキストを読むよりも動画を見るのを好む。
  • B2B組織の96%は、マーケティング活動で動画をある程度活用している。
  • B2B組織の73%がROIのプラスの変化を報告している。
  • 消費者の25%が動画を使用しないと会社への関心を失う。
  • 56%の企業は、会社がウェブサイトを持っている場合、動画も用意すべきだと考えている。
  • 通常、平均的なインターネットユーザーは、動画を含むサイトで88%の時間を費やしている。
  • 動画を使用するデジタルマーケティング担当者は、動画を使用しないマーケティング担当者と比較して41%多くの検索トラフィックを獲得する。
  • 世界中のマーケティングプロフェッショナルの51.9%が、動画を最高のROIを備えたコンテンツの種類と考えている。
  • 消費者の64%は、カスタマーサービスよりも視覚的なコンテンツを好み。
  • 消費者の62%は、低品質の動画エクスペリエンスを公開しているブランドについて否定的な認識を持っている可能性が高くなる。
  • マーケティング担当者の50%は、予算をテレビからデジタル動画にシフトしている。
  • 電子メールの件名の「動画」という単語は、開封率を19%増加させる。
  • 電子メールの件名の「動画」という単語は、クリック率を65%向上させる。
  • 電子メールの件名の「動画」という単語は、登録解除を26%削減する。
  • 説明動画はコンバージョン率を20%向上させる。
  • 米国の全中小企業の22%は、今後12か月以内に動画を投稿する予定。
  • Forresterの研究者であるJames McQuivey博士によると、60秒の動画は180万語に相当する。
  • オンライン広告の総予算の35%が動画広告に費やされている。

 

ビデオ広告統計

  • 米国のマーケティング担当者の65%は、モバイル動画広告の予算を増やすことを検討している。
  • 平均的なインターネットユーザーは、毎月16分49秒の動画広告を視聴している。
  • ユーザーの80%は、過去30日間に見た動画広告を思い出す。
  • ユーザーの26%は、動画広告を見た後に追加情報を探す。
  • ユーザーの22%は、提供されたリンクまたは動画広告で言及されたWebサイトにアクセスする。
  • ユーザーの12%が実際に動画広告で紹介されている特定の製品を購入する。
  • ユーザーが動画を視聴 すると、オンライン販売を行う確率が64%高くなる。
  • ユーザーの36%が動画広告を信頼している。
  • 動画広告を見た後、46%のユーザーが少なくとも何らかのアクションを実行している。
  • 動画広告の平均クリック率は1.84%。これは、すべてのデジタル広告フォーマットの中で最高のC。

 

ソーシャルメディア動画統計

  • モバイル動画の消費者の92%は、動画を他の人と共有している。
  • 15秒以下の動画は、30秒から60秒の動画に比べて37%多くのシェアを獲得する。
  • 興奮を促進する素晴らしい動画広告により、購入意向が97%増加する。
  • 動画広告により、139%のブランド認知度が向上。
  • すべてのユーザーの間で最も人気のあるオンライン動画コンテンツの形式はコメディ(39%)。
  • 2番目に人気のあるオンライン動画コンテンツの形式はニュース(33%)。
  • 3番目に人気のあるオンライン動画コンテンツの形式は音楽(31%)。
  • Facebookユーザは毎日約1億時間の動画を視聴している。
  • Twitterの動画ビューの90%はモバイルデバイス。
  • Twitterユーザーの82%がTwitterで動画コンテンツを視聴している。
  • Snapchatユーザーは1日あたり100億の動画を視聴している。
  • Instagramでは毎月平均2億の動画広告が表示されている。
  • Instagramのシェアされる10のうち9はFacebookで発生ている。
  • Periscopeでは、毎月930万件のライブストリームが発生ている。
  • Periscopeの動画の1日の平均ボリュームは350,000時間。
  • アクティブなPeriscopeユーザーの総数は約190万人。

 

動画マーケティングの未来

  • 2020年に1か月でグローバルIPネットワークを通過するすべての動画を視聴するには、500万年を費やす必要がある。
  • 2015年のテレビへのインターネット動画は50%増加しました。2020年までに3.6倍に増加。
  • 2018年に全世界の消費者Webトラフィックの79%は動画で発生する。
  • 動画マーケティングの支出は2015年の17.7%に対して、2020年には23.2%になる。
  • 2015年から2020年の間にモバイル動画が11倍に増加する。
  • 2020年までに、世界のモバイルデータトラフィックの75%以上が動画コンテンツになる。
  • 2020年には7兆個の動画クリップがアップロードされる。すべての人によって1日2.5個の動画クリップをアップロードする。

 

動画エンゲージメント統計と動画マーケティングに関する追加情報

  • 動画が短いほどエンゲージメント率が高くなる。
  • iPadユーザーは、最大5分間動画を視聴する傾向がある。
  • ユーザーの33%がタブレットで毎日1時間の動画を視聴している。
  • 英国で平均的な男性はオンライン動画を見るのに40.6時間費やし、女性の19.0時間の2倍。
  • ソーシャルメディアの動画は、テキストや画像と比較して1200%シェアされる。
  • 2013年12月、1億8,820万人のアメリカ人が1か月で524億のオンライン動画(コンテンツのみ)を視聴した。
  • 動画を含む不動産リストは、403%多くの問い合わせを受ける傾向がある。
  • 英国の新聞サイトの動画の42%は広告。
  • ミレニアル世代の67%は、学びたいすべてのYouTube動画を見つけることができる。
  • Vimeoは1か月あたり平均7億1500万回の動画再生を追跡している。

 

参照:100+ Video Marketing Statistics, Facts and Trends

 

まとめ

動画マーケティングを今始めない理由はないように感じるのではないでしょうか?

5Gの時代に突入する今、モバイルにおける広告の主戦場は間違いなく動画コンテンツです。しかし単純に動画広告をすれば良いということではなく、ユーザーはいわゆる「広告動画」を嫌う傾向があります。企業側もユーザー視点に立った有益なコンテンツを作り出し、長期的にPDCA運用が必要になります。当社でも特にe-Commerceやメーカーブランディングの観点で動画を活用されたいという企業様のマーケティング支援をしております。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら。

 

制作事例

 

  

その他の記事を見る