BLOG

SEO対策はもう古い?オワコン?!今からでも通用するブログSEO対策​

2019.12.20  Wrote by Ayako Kitahara

最近よく、

「ブログはもうオワコン!」とか、

「SEO対策なんて小手先の手法は古い!」という言葉を耳にします。

それでも、今でもブログはサイトを評価されるための大事な指標です。

 

ここでは、SEOについて私が日々思っていることや、ブロガーとして活動してきた私なりの対策を書いてみたいと思います。

 

SEOって何?どうして必要?

 

そもそもSEOとはGoogleの検索エンジンで使われる言葉で、”Search Engine Optimization” の略です。

日本語では「検索エンジン最適化」と訳します。

 

SEO対策がどうして必要かというと、やはりサイトへのアクセスを伸ばすためではないでしょうか。

Googleにサイトが認められ、検索エンジンで上位表示されれば、自社のWebサイトがユーザーの目に留まりやすくなり、アクセスが増えます。

 

PPC・リスティングなどの有料広告を出せば、簡単に上位に表示させることはできまます。

が、コストがかかりますし、広告の表示に慣れた現代人は広告を避ける傾向にあります。

 

コストが全くかからず、広告よりもクリックされやすいのが、自然検索なんです。

自然検索で上位表示されるためにも、SEO対策は続けて行なっていきたいものです。

 

SEO対策は、キーワード選定が鍵!

「SEO対策といえば、キーワード!」と言っても過言ではありません。

では、キーワードはなぜ大事か?というと、

・そもそもユーザーはキーワード何語か入れて検索している。

・「キーワード」がないことにはGoogleもサイトの中身を評価できない。

この2点がポイントです。

 

キーワードがあるからこそグーグルで検索してほしい情報を手に入れることが出来るのです。

 

キーワード
選定の方法

まず、記事を書く前にどんなテーマで記事を書くか決めましょう。

だいたいのテーマが決まったらGoogleでメインキーワードを検索。

ユーザーに検索して欲しいキーワードを2語〜4語ほど決めます。

 

例えば、グーグルの検索窓で「トマトクリームパスタ」と検索します。

すると、

・トマトクリームパスタ+エビ

・トマトクリームパスタ+ベーコン

・・・

 

のように、+で2語目の単語が出てきます。

これを【サジェストキーワード】と呼びます。

 

検索窓の下に出てくるサジェストキーワードは以前ユーザーに検索されたことのあるキーワード。

つまり、検索需要が高いキーワードというわけです。

 

しかし、どのキーワードの記事も検索するともうネットに記事が溢れている可能性が。。。

 

そんな時は、もっとニッチなキーワードを探すという手も。

ニッチ市場とは市場全体の一部を構成する特定のニーズを持つ規模の小さい市場のこと。狭義には、その中でも商品やサービスの供給・提供が行われていない市場とされる。隙間市場ともいう。

簡単にいうと、競争が激しくないキーワードを狙うということ!

 

私がいつもキーワード探しに使用してるツールはコレ

↓↓

・サジェストキーワードを探すツール

https://www.related-keywords.com/

 

グーグルのサジェストキーワードでは見つからない、いわば”お宝キーワード”がたくさん出てきます!

 

キーワードが決まったら、、、

キーワードが決まったら、次にやることです。

 

1.記事タイトルにキーワードを入れる。

まずはタイトルにキーワードを必ず入れましょう。

タイトルにはユーザーに検索してほしいキーワードを入れます。

 

たまに本当に大量のキーワードしか入れていなかったり、文章になっていないタイトルの記事を見かけることがあるのですが、これではユーザーはクリックしませんよね。

 

いくらSEO対策だからとは言え、人間にクリックしてもらわないことには始まりません。

キーワードを入れつつ、ちゃんと意味の通る文章にしてタイトルを作りましょう。

 

2.h2見出しにもなるべくキーワードを入れる。

次に、h2見出しにもキーワードを入れていきます。

タイトルに入れたキーワードが本文・見出しに入っていることで、

そのキーワードに沿った記事かどうかGoogleが判断できるようになるからです。

 

品質の高い記事を量産しよう

Googleは、サイトをチェックして

”品質の高いサイト(記事)” と

”品質の低いサイト(記事)” を

判断しています。

 

Googleに「品質の高いサイト(記事)」と判断されなければ、上位表示されず、

結果的に誰にも読まれない・アクセスの来ないサイト(記事)になってしまうのです。

 

では、品質の高いサイト(記事)とはどんなものか考えてみましょう。

 

他の競合サイトと比べて情報が充実している

サイトの品質を上げる方法としては、他の競合サイトと見比べて、自分のサイト・記事の中に足りない情報を探し、追記していくこと。

他のサイトへ行かなくても、自分のサイトに情報が集まっていることが理想です。

・ユーザーが満足する記事を作る。

・記事や画像のボリュームを増やす。

 

サイトならではの個性が出ている

Googleは、あなたやその会社にしか書けない、オリジナルの記事を評価します。

文面を見ただけで、「〇〇の会社の記事だ!」とわかるくらいに。

きっと競合会社との差が出てきますよ(*^▽^*)

 

ブログSEO対策​まとめ

・SEO対策は、キーワード選定が鍵!

・品質の高い記事を量産しよう!

というお話をしました。

 

SEO対策は

Googleに評価されるための対策だけでなく、

ユーザーに最も良い情報を提供すること!が重要なんです。

 

今からでも遅くはないので、出来るところからSEO対策をしていきましょう!

 

 

※ブログSEO対策についてもっと先を知りたい方は…↓

ブログは今でも有効!​SEO対策で押さえておくべき3つのポイント

 

 

その他の記事を見る